本文へスキップ

VOL.41 2017年3月号 腸内快調の寒天


腸内快調の寒天

 年度末ですね。各町の町内会長さんも何かとお忙しいことと存じます。

 さて、今回は、同じ「ちょうない」でも「腸内」を「快調」にする、「腸内快調さん」のお話です。腸の調子を整えるといえば有名なのが食物繊維です。そして食物繊維を多く含む食品はたくさんありますが、中でもダントツなのが寒天です。寒天は乾燥した状態だと
80%が食物繊維からできています。寒天がダイエットに良いと聞いた事があると思いますが、これには3つの大きなポイントがあるからです。

寒天がダイエットに良い訳
その①食物繊維が食べた物の吸収を遅らせるため。
その②食物繊維が胃の中で膨らみ満腹感を得られ食べ過ぎを防げるため。
その③寒天はノンカロリーであるため。

まとめると、寒天を食べると、他の食べ物の吸収を遅らせてくれ、ついでに腸内の大掃除までしてくれる。しかも、満腹感が得られ、おまけにカロリーゼロだから、ダイエットに大変良い。となります。さらに、腸内をきれいにする事で、免疫力を上げる、美肌効果、大腸がん予防なども期待できます。

では寒天は何からできているかご存知ですか?原料はテングサなどの紅藻類です。ついでにもう一つ質問で、まったく同じ原料から作られる別の食品は何でしょうか?正解はトコロテンです。トコロテンと寒天は同じテングサから出来ますが、製造方法が違います。テングサを煮溶かして固めた物をトコロテン。さらにそのトコロテンを凍らせて乾燥させた物が寒天です。ですから、トコロテンから寒天が出来ても、寒天からトコロテンは出来ない、という事になります。もっと言うと、トコロテンは磯の香りが残りますが、寒天は無臭に近いのでお菓子の原料にも向きます。共通しているのは、どちらもノンカロリーまたは低カロリーで食物繊維が豊富ということですので、日々の食生活に取り入れて、腸内快調を目指しましょう!ちなみにトコロテンを「心太」と書きますが、お嫁に来た当時、私はお店にあった心太を、「しんた」が品薄なので発注お願い!と言って旦那に笑われました。(苦笑)

当店では、コーヒー寒天を新発売しました。これからの季節、のどごし爽やかな寒天デザートを食べて腸内快調に是非お役立て下さいませ。

 
 


食物繊維豊富なコーヒー寒天

 

おいしいおしゃべりは地域日刊紙「大衆日報」に連載中です!

平成29年3月17日(金)掲載はこちら