平成19年度定時総会を開催!

〜第33代会長に古川 勉君<晃保険サービス>を選任〜

 当青年部の平成19年度定時総会が、4月7日(土)午後6時より犬吠埼京成ホテルにおいて開催し、宮内宗一銚子商工会議所会頭・村田文昭波崎商工会青年部長をはじめ多くの来賓・OB・会員メンバーを合わせ総勢42名が出席した。
 総会は、伊藤重明理事の「開会宣言」で始まり、その後、高木良太郎会長が「本当にすばらしい仲間と一緒に活動できた事は自分の誇りです」と挨拶した。
 続いて、高木良太郎会長が議長となり、議事に入り、最初に根本吉規理事が平成18年度事業報告、今井敏春理事が同年度新入会員等の報告をし、異議なく了承された。続いて大久保隆理事が同年度収支決算説明後、田村保人監事が監査報告を行い、異議なく了承された。引き続き、平成19年度役員人事では古川勉副会長が第33代会長に選任された。その後古川勉新会長より副会長・専務理事・理事・監事に氏名を読み上げ、全員異議なく決定し、副会長には飯田貴之・渡辺淳史の現副会長の再任と根本吉規理事が昇任し、また専務理事には今井敏春理事が昇任した。同年度事業計画では、飯田貴之副会長が郊外に進出計画がある大型SCの地元商業への影響調査をはじめ近隣商工会議所及び商工会青年部との広域連携事業・全国大会千葉大会への全面的な協力等を含む12項目を説明。また、渡辺淳史副会長が総額430万円(前年比17%増)となる同年度収支予算を説明し、それぞれ了承された。最後に、鈴木達也理事が「閉会宣言」を行い、無事終了した。
 その後、同会場にて来賓と会員メンバー全員による記念写真が行われた。
 記念写真終了後、懇親会が行われ、まず最初に新会長となった古川勉君が「青年部の先輩の方々が培ってきた数々の交流から学び得たものより、将来に向けて自立した考えを持ち、今やれる事、今やらなくてはならない事を認識しながら今後の青年部活動に取り組んでいきたい」と挨拶し、続いて、来賓として宮内宗一会頭が「次代の銚子市を担うに相応しい若さあふれるバイタリティと行動力に満ちた青年部として、地域発展に貢献される事を祈念致します」、村田文昭神栖市は先商工会青年部部長が「同じ青年団体として交流を密にし連携を図っていきたい」、とそれぞれ祝辞を述べられた。続いて、司会者による来賓紹介(会議所会頭、専務理事、事務局長、神栖市神栖商工会青年部部長、旭市商工会青年部海上支部支部長)・岡田知之助会議所副会頭の乾杯の発声により懇親に入った。
 その後、今年度より青年部に入会した伊豫剛泰君・荒田 聡君の紹介、昨年度一年間を通して青年部活動を特に頑張ってくれたメンバーへの会員奨励記念品の贈呈(7名)、新役員全員が演壇に登り自己紹介と今年度の活動目標を発表し、元気な青年部をアピールした。続いて、今年度より青年部事務局を担当する井野口 航君から自己紹介が行われた。最後に、OBの篠和男先輩が一本締めを行い、盛大に行われた定時総会・懇親会が無事終了した。
T O P